本ページはプロモーションが含まれています。

6月27日はちらし寿司の日!由来や歴史、美味しい作り方を徹底解説

6月27日は「ちらし寿司の日」として知られています。この記念日の由来や歴史、ちらし寿司の魅力について詳しく見ていきましょう。また、美味しいちらし寿司の作り方もご紹介します。

目次

ちらし寿司の日の由来

「ちらし寿司の日」は、岡山の「ばら寿司」が生まれるきっかけとなった備前岡山藩主・池田光政の命日にちなんで制定されました。池田光政公は1682年6月27日に亡くなりました。この日を記念して、ちらし寿司の日が設けられたのです。

ちらし寿司の歴史

ちらし寿司の歴史は以下のようになっています。

  • 起源:江戸時代(1603-1868年)に遡る
  • 発展:明治時代(1868-1912年)に東京(当時の江戸)で江戸前ちらし寿司として発展
  • 地域性:関東と関西で異なる特徴を持つちらし寿司が発展

ちらし寿司の種類と特徴

ちらし寿司には主に2つの種類があります。

  1. 江戸前ちらし寿司
  • 特徴:生の魚介類を美しく並べる
  • 地域:関東地方で人気
  1. 五目ちらし寿司(gomoku sushi)
  • 特徴:調理済みの具材を酢飯に混ぜ込む
  • 地域:関西地方で一般的

ちらし寿司の具材と意味

ちらし寿司の具材には、それぞれ意味があります:

具材意味
エビ長寿を願う(腰が曲がるまで長生きできますように)
ニンジンしっかりと根を張る(健康に育つように)
レンコン先が見通せるように(未来が明るく見えるように)
錦糸卵宝を積み重ねる(豊かな人生を送れるように)
勤勉に生きる(まめに働けるように)

ちらし寿司の作り方

美味しいちらし寿司の基本的な作り方は以下の通りです。

材料(2-3人分)

  • 米:1.5合
  • 酢:大さじ2と1/2
  • 砂糖:大さじ2
  • 塩:小さじ1
  • 卵:4個(錦糸卵用)
  • 干し椎茸:5-6枚
  • レンコン:5-6枚(薄切り)
  • 絹さや:5-6枚
  • イクラ:50g
  • その他の具材(エビ、ニンジンなど)

作り方

  1. 酢飯を作る
  • 米を炊く
  • 炊き上がったら、酢、砂糖、塩を混ぜて酢飯を作る
  1. 具材を準備する
  • 干し椎茸を戻し、薄切りにして煮る
  • レンコンを薄切りにし、酢水にさらす
  • 絹さやを茹でて半分に切る
  • エビは殻をむき、茹でる
  1. 錦糸卵を作る
  • 卵をほぐし、砂糖と塩を加えて混ぜる
  • 薄く焼いて細切りにする
  1. 盛り付け
  • 器に酢飯を盛る
  • 錦糸卵を全体にのせる
  • 具材をバランスよく散らす
  • 最後にイクラをのせる

ポイントは、具材の色合いや配置を考えて盛り付けることです。また、具材を酢飯に混ぜ込むと味に一体感が出ておいしくなります。

ちらし寿司を楽しむイベント

  • ひな祭り(3月3日):女の子の健やかな成長を願う行事で、ちらし寿司が定番料理として食べられます。
  • 家族の伝統:日本の家庭では、ちらし寿司を一緒に作ることが伝統となっているところもあります。

まとめ

6月27日の「ちらし寿司の日」は、日本の食文化の豊かさを再認識する良い機会です。ちらし寿司の歴史や意味を知ることで、より一層この料理を楽しむことができるでしょう。家族や友人と一緒にちらし寿司を作り、日本の伝統的な味を堪能してみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次